【最新記事】RSS

2018-12-29 (22:15)

8年ぶり&8世代ぶりにゲーミングPCを新調したので成功と失敗を振り返る


PS4Steamまとめ



※今回は旧PCの振り返り回です。新PC回は次の記事になります。



【祝】8年ぶりのPC新調


2018年12月、遂にCore i5-750を卒業しました。

嘘だと思うだろ?8年ぶりなんだぜ・・・。
正直PCゲーマー的にどうかとも思うけど巷ではSandy Bridgeおじさんが今日も元気に走り回ってるそうなのでセーフ。え、第一世代のNehalemと第二世台のSandy Bridgeを一緒にするな?ごもっとも。


そんなわけで旧PCを振り返る。

スペック(2013~18年
Windows7 64bit
CPU Core i5-750 (定格2.6GHz OC3.6GHz)
メモリ 12GB
マザー P7P55D
グラボ HD 6970 ~ R9 390
ストレージ SSD×2/HDD×2
ケース CM690
電源 650w
サウンドカード


ちなみに最初期(2010~13年)は
win7 32bit
4GB
HD 4870
HDD×2
サウンドカード

というスペックでした。

これでも当時(2010年)はいい買い物をしたという自負があったんだ・・・。
メモリ4GBでハイスペック、グラボさえ良ければおk、純粋にカタログスペックだけ気にしていればいい時代だった。

なおそんな時代は一瞬で過ぎ去った模様。
「i5でもオーバークロックすれば5~6年は戦える」、そう思っていた時期が僕にもありました。

まぁ結局8年戦ってもらったんですが。



妥協するなコピペで振り返る成功と失敗

~どれも重要だよ!タイプ~

CPU・・・パソコンの頭脳に当たる部分、ここは重要
当時の選択肢的には成功。しかし直後に高性能な第二世代(2011年)が登場してしまったため結果的に失敗。一部で笑いものになりながらも未だSandy Bridgeが話題に上がるのはやはり優秀だからなのだろう。たった1年で状況が変わってしまったのは時期が悪かったとしか言いようがない。

メモリ・・・当たり外れの大きな部分、ここは値段で妥協するな
スペックには12GBとあるけれど実は16GB搭載、しかしマザーの1スロットがお亡くなりになり12GB運用に・・・。搭載当初は無敵感すらあったものの、今ではブラウザ3つとAndroidエミュを常駐させているとキャッシュで膨れ上がり最後はメモリ不足に。なので失敗、と言いたいものの本来の16GBなら足りただろうということで成功。ちなみにゲームをするときはブラウザ1つまで落とします。

マザボ・・・PCの基礎となる部分、ここは質にもこだわるべき
大 失 敗。当時はマザー?ナニソレ、CPUとグラボとメモリがあればいいだろ精神で一番安い物を選んだ結果。まずSATA 6G非対応、つまりSSDのスペックが半分しか出ない。でも言い訳すると10年当時でSSDの為にSATA 6Gとか気にしてるほうがおかしい。まぁこれでも結構快適でしたが。
次に映像出力端子がない。DVI、HDMI?ナニソレ。USBがあるだろと言われそうだがそんなマイナーはノーカウント。つまり出力がグラボ依存、そして起きてしまった嘘のような本当にあった怖い話。グラボのファンがお亡くなりになりました、するとどうなる?・・・グラボが熱落ちする。つまり出力全喪失、1000円程度のファンが1つ壊れただけで10数万かけたPCがただの箱に成れ果てました。ちなみに深夜だったので急いでファンを注文したらその日のうちに届きました。さすがAmazonプライム。

HDD(SSD)・・・何より大事なデータが保存される部分、ここは重要
SSDはそこそこ成功。上記の通り速度が半分しか出なくてもBF4ではロード最速組だったりとゲーム、OS問わず快適だった。ただ一つ失敗があるとすればケチってCドライブに用意した容量が128GBだったこと。そのせいで2018年12月時点で残り容量5GB、これが今回の買い替えるキッカケの一つ。当時は128GBと512GB、合わせて4.5万円したものの今では500GBが8千円で買える模様。
そしてHDD2台、稼働時間は約4.8万時間と5.7万時間。幸いなことにどちらも故障なし、文句なしの成功。やったぜ日立、なお。

グラボ・・・ゲームや動画再生能力はここで決まる、ここは大事
不明。CPUがボトルネックになってる疑惑。GTX970の対抗馬らしいが設定を落とせば今でも二線級くらいにはなる?

電源・・・ここがダメになると他のパーツもダメになる、ここは妥協出来ない
大 成 功。説明にもある通り、最悪他のパーツを巻き込んで死ぬ。という脅しをよく聞くためHDDと並んで壊れてほしくないパーツ1位だったが無事完走。稼働時間は5.7万時間。ありがとうCorsair。

ケース・・・一番長く使う。ここから決めるぐらいの大事なパーツ
ド定番のCM690。開ける際に勢い余って壊してしまうと評判のフロントパネルには最後まで挑戦できず。1年でお亡くなりになったフロントファン君は今でもそのままです。それと全体的に安定性というか安心感が足りないというか思っていたよりもちゃちい。サイドパネルは薄くてベコベコするし、後年は増設したファンの騒音やら共振で悩まされた。まぁ静音性については元からそういう作りなので問題ないけど。拡張の良さは評判通りなのでまぁ成功

キーボード、マウス・・・直接触れる部分、ここに金をかけると幸せになれる
今回はスルー。

モニタ・・・これがダメだとどんなPC組んでもダメ。いいものを買え
上に同じく。




振り返ってみて。

こうして振り返るとCPUとマザーの失敗をズルズルと引きずった8年だったなぁ・・・。
13年の近代化改修の時にCPUとマザーも乗り換えればよかったけど、OSとメモリはともかくグラボとSSDで予算を使い果たしたのが痛かった。今でこそグラボは後回しなんて言えるけど、しかし当時は「ゲームはGPU依存」教だった。

あと意外だったのが壊れる壊れると散々話に聞いた電源やHDDが壊れなかったこと。まぁサンプル数が少なすぎて参考にならないけど。
逆に壊れまくったのがファンで、フロント1、サイド1、CPU1、GPU1という結果に。結局数千、数万円のパーツに付いていようが単純な構造のものほど消耗しやすいということですね。CPUファンが壊れたときは苦労したなぁ・・・。なにせマザーをケースに入れたまま取り替えようしてデカイヒートシンクが邪魔で手が奥の方まで届かなくて。今回のPC新調では高耐久を謳うCPUファンを選んでみたけど果たしてどうなるやら。


以上振り返り終了。


次回
【レビュー】8年ぶり、8世代ぶりのゲーミングPCキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 最新CPU第9世代「i5-9600K」の実力はいかに!


コメント:

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバック URL

http://ncis6247.jp/tb.php/1262-de1b0459
Amazon
デビル メイ クライ 5 - PS4 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE (【予約特典】特別仕様パッケージ・デジタルアートワーク&ミニサウンドトラック(オンラインコード) 同梱) - PS4 ディビジョン2 【数量限定初回特典】 「トミーベア」ゲーム内デジタルコンテンツ + 「トミーベア」1:1スケール レプリカ ぬいぐるみキーチェーン 付 - PS4 ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~ (初回封入特典(ルルアコスチューム) 同梱) - PS4 Anthem(アンセム) (特典なし) - PS4

Appendix